032
スクリーンショットの撮影方法
Skyrim.ini の編集が必要です。
C:\ユーザー\(ユーザー名)\ドキュメント(マイドキュメント)\my games\skyrim
C:\Users\ユーザ名\My Documents\My Games\Skyrim

Skyrim.ini を開き、以下の項目を編集します。

[Display]
bAllowScreenshot=1

Skyrim.ini の編集を終えた後、ゲーム中に PrintScreen キーを押すことでスクリーンショットを撮ることができます(BMP形式で保存されます)




スクリーンショットの保存場所
初期設定では TESV.exe のあるフォルダに保存されるようになっていますが、Skyrim.ini の以下の部分を編集することで、これを変更することも可能です。

「ss」と付けた赤字の部分はファイル名に使われ、ss1、ss2、ss999という名称で保存されるようになります。

[Display]
SScreenShotBaseName=保存先(例:C:\スクリーンショット\ss




Steam の機能でスクリーンショットを撮る
初期設定ではF12キーでスクリーンショットを撮ることができます(Jpeg形式)

しかしこのキーは後ほど使うことになるため、設定(ゲーム中の項目)から変更することをオススメします。

また、圧縮されていないコピーを保存する にチェックを入れると、PNG形式で保存されるようになります。

033

Skyrimの機能で撮影する場合、一部のメニューやコンソール画面はスクリーンショットが保存されません。
Steamの機能で撮影すると、画面に映っているもの全てを保存できます。

さらにゲームを終了すると自動で保存フォルダを開いてくれるので、Skyrim.ini は編集せず、Steam で管理したほうが容量にも優しくオススメです。



PNG形式とBMP形式
pngとbmpで画質の違いはありません。
両方ともフルカラー(24bit、1677万色)を扱え、アルファチャンネルや64bitカラーにも対応しています。

pngは圧縮しているので容量が小さくなり、対応しているソフトを使用しないと読めませんが、昨今ではほとんど問題ないでしょう。

bmpを使う利点はないので、Steamの機能で撮影するように設定することをオススメします。



撮影でよく使われるコンソールコマンド
コマンドを入力するためのコンソール画面は、「全角/半角」キーで開きます。
閉じる時は「Alt」キーを押しながら「全角/半角」キーを押します。

コンソールが開くと画面の下が暗くなり、文字を入力できるようになります。

034




TM
画面中央のクロスヘア、画面上部のマップガイドなど、UI表示のオン/オフを切り替えます。
コンソールコマンドの入力欄も見えなくなります。



TFC
カメラを自由に動かせるモードになります。
TFC 1と入力することで、一時停止してフリーカメラモードにすることもできます。

初めての場合、まずはこのTFCTMコマンドに慣れましょう。



SUCSM
TFCモード時のカメラの移動速度を変更します。
デフォルトはsucsm 10



SGTM
ゲームスピードを変更します。

デフォルトはsgtm 1
例としてsgtm 0.5と入力することで、デフォルトの半分の速度のスローモーションになります。


FOV
視野角を変更します。
デフォルトはfov 65。

例としてダイナミックな絵面で撮影したい場合は高めに(fov 80)
キャラクターを撮影する時は20~30くらいにする方が多いです。

035





CSB
攻撃を受けた時などに表示される血しぶきの表現を消します。

036




ターゲットを指定するコマンド
コンソールを開いた状態で、コマンドの効果を適用したい対象を選んで使うコマンドです。
コンソールを開いたまま、マウスで直接クリックするか、スクロールで対象を選択できます。


TCAI
選択した対象のAIを停止します。
何も選択しなかった場合は全てのNPCが対象になります。
AIが停止したNPCは、会話や攻撃されてもアクションを返しません。


TAI
選択した対象の時間を停止させます。
何も選択しなかった場合は全てのNPCが対象になります。

例として、一人づつ、吹き飛ばしたドヴァキンをTAIで止めて撮影しています。

460



TC
選択した対象を操作できるようになります。
立ち位置の微調整に使いたい場合、tcaiでAIを止めてから使います。




ScreenShot Assist - Download

上記のよく使うコマンドを一括で作動させたり、ボタンひとつで有効、無効を切り替えできるようになります。

・F1 : TFCのON/OFF
・F2 : TMのON/OFF
・F3 : スローモーションのON/OFF
・F4 : FOV変更

・右Shift : TFC、TM、SUCSMをまとめて有効に
・右Ctrltf : 上記のTFC1バージョン(時間停止)

MCMから調整できます。
使い方を間違えると再起動しなければならなくなりますが、慣れれば便利です。

259









Setscale
対象のサイズを変更します。
値を入力する時は小数点も使えます(例:setscale 1.5)
037




Setav mood 0~7
対象の機嫌を変更し、表情が変化します。



MFG
対象の表情や感情を変更します。

Expression / Phoneme / Modifier が使用できます。
それぞれ0~16番まで表情に関する変更が可能です。

入力する時は使用したい番号と、その適用量を0~100の範囲で入力します。
例:mfg expression 16 80

表情が固定されるので、撮影を終えたら mfg reset でリセットします。

038



Mfg Console というMODを導入すると、コンソール画面で対象を選択した時に一覧を表示してくれるので大変便利です。
>> Mfg Console に関する詳しい説明(Dragonporn)

プレイヤーに使用したい場合、Racemenu にはスライダーを使って表情を変更する機能が含まれています。

039





Female Facial Animation - Download
女性キャラクターの表情や会話時のアニメーションが改善されます。
表情をつけてスクリーンショットを撮る場合は導入しておきましょう。